MVNOとはいったいなんなのか?SIMや格安SIMについても分かり易く解説

MVNOとはいったいなんなのか?SIMや格安SIMについても分かり易く解説

スマホの料金を下げたいと思ってる人は多いですが、どうすれば安くすることができるか分からない人がほとんどです。ネットで「スマホ料金 節約」等で検索すれば、MVNOやSIMなどと言ったフレーズを見たことがある人もいるでしょう。

 

スマホ代を抑えるなら格安SIMがおすすめ!」なんて言葉を見てもピンとこない人もいると思います。今回はそのような人に「MVNO」「SIM」「格安SIM」について、分かり易く解説をしたいと思います。

MVNOとは?

MVNOとは、モバイルバーチャルネットワークオペレーター(仮想移動体サービス事事業者)を略した文字であり、大手の携帯電話会社などのインフラを利用してサービスを提供する通信事事業者のことです。

 

無線通信サービスの許可を受けられる通信事事業者はそれほど多くなく、多大なインフラ整備の費用がかかるため、大手の事事業者のサービスを借り受けて独自色を出したサービスを提供する通信事業者がMVNOとなります。「DMM mobile」なんかがいい例ですね。

 

日本国内では、ドコモやau、ソフトバンクが大手携帯電話キャリアとして多くの人が認知していますが、これらの通信事事業者の回線を借り受ける形でモバイルネットワークのサービスを提供します。

 

基本的には、借り受けるサービス事事業者よりもサービスをより多く提供する事により差別化を図るようにしており、その多くは、必要最低限の通信費用に抑え込み、抑え込んだネットワーク転送量分だけ価格に反映させる事、またはデータ通信のみというサービスとなります。

SIMとは?

私たちがスマホを利用する為には、その人を特定する番号が必要になります。その個人の情報を書き込んだICチップがSIMカードとなります。大手のキャリアであるソフトバンクやau、ドコモで携帯電話を購入した場合、そのキャリアでのみ認識することができるSIMカードが提供されます。

 

どのモバイル端末であっても、SIMカードのサイズは規定のサイズと決まっています。標準SIMから、極小サイズのナノSIMまでの規定のサイズがあり、このサイズが合うのであれば、契約していない他のキャリアのモバイル端末のSIMスロットに差し込むことだけは可能です。

 

SIMカードには、その人が契約した音声通話や、データ通信の情報が記載されており、その中にはどの通信事事業者で使用するモバイル端末で使用が可能であるかについても記載されているため、契約した通信事事業者以外では使用できないことになります。

 

モバイル端末に他社のSIMカードが使えないようにする制限をSIMロックと言います。

格安SIMとは?

大手の通信事事業者から回線を借りてサービスを提供しているMVNOの事事業者は、SIMフリーと言われる大半の移動体通信のSIMを差し込んでも使用が可能な端末と一緒に、格安SIMを販売しています。

 

格安になる仕組みは、大手の通信事事業者よりも、通信速度を制限する事によって価格を抑えています。これまでは、通話とネット利用を前提にスマホを所有すると、大手の通信事事業者の場合は基本的な料金だけでも6,000円以上となっており、どの事事業者でも横並びとなっています。この料金設定に不満を持つ人が多くいます。

 

ネット通信をそれほど利用しないというニーズは多くあり、一月あたり数ギガの転送量だけ高速通信が可能であれば満足であるユーザーがいるのですが、このような人達が満足できるな契約内容が大手キャリアには無いのです。

 

そのニーズを取り込んでいるのが、MVNOの事事業者の提供する格安SIMであり、最近では価格競争も進み、サービスも充実して選びやすくなってきています。MVNO事業者も比較しているので参考にしてください。

 

MVNO比較サイト!スマホ料金を月1000円以下に安くして節約する方法はコレ!