大手キャリアのスマホと格安スマホの違い

大手キャリアのスマホと格安スマホの違い

現在全国的に大人気のスマートフォンですが、スマートフォンを購入する場合にはほとんどの人がドコモやソフトバンクと言った大手キャリアでの契約、購入をするのではないでしょうか。

 

大手キャリアに行けば最新機種がずらりと並んでいますし、自分の好みの端末も見つけることが出来るでしょう。しかし利用料金高さや端末自体の価格の高さから、もう少し安く使えればいいのにと感じている人が多いのも事実です。

 

現在大手キャリア以外でスマートフォンを購入するには、格安スマホと呼ばれるMVNOが販売を行っている端末を購入する方法があります。MVNOのスマホも様々な種類があるため、自分に合った端末を見つけることが可能になるでしょう。では大手キャリアのスマホと格安スマホの違いは一体何処にあるのでしょうか。

 

MVNOとはいったいなんなのか?SIMや格安SIMについても分かり易く解説

キャリア製スマホの特徴

大手キャリアが販売しているスマホは、基本的にその年に発売される最新の機能やOSえお搭載したものがほとんどです。ですからキャリアに行けば常に最新機種を手に入れることが可能になります。

 

キャリアのスマホの場合、最新機種であると同時にキャリア独自のサービスを利用することが出来るというメリットも存在しています。ドコモのスマホであればdビデオやdミュージックといったコンテンツや、キャリアメールと呼ばれるキャリア専用のメールなども利用が可能になるわけです。

 

こういったコンテンツやメールを使用するアプリが最初から端末にインストールされている場合が多いため、端末を購入したらすぐにメールやキャリアが配信している動画などのコンテンツが利用できるのもキャリアのスマホならではと言えます。

 

もともとキャリアのスマホはそのキャリア専用に作られているものも多く、一部のグローバルモデル以外はドコモ専用、au専用として開発されています。ですからキャリアのコンテンツを問題なく利用できるわけです。

格安スマホとキャリアスマホの違い

格安スマホの場合はこういったキャリア独自のサービスは一切使用できません。何故なら格安スマホはキャリアのコンテンツを利用できるように作られていない、いわば素の端末だからです。

 

中にインストールされているのは基本的なOSとOSに付随する基本アプリくらいですから、要するに中身がほとんど空の端末だと言えます。しかしキャリア専用のメールやコンテンツが利用できないだけで、他のアプリなどは問題なく利用が可能になっていますから、キャリアメールや独自コンテンツに興味が無い、使用しなくてもいい人にとっては、格安スマホでも使用には特に問題が無いと言えるでしょう。

 

格安スマホはSIMフリーと呼ばれるどこのSIMでも利用可能な端末となっているため、キャリアの端末と比べて自由度が高いと言うメリットもあります。

 

少し前までは格安スマホは型遅れのモデルやスペックを抑えた安価なモデルが多かったのですが、最近ではキャリアのハイエンドスマホにも負けない高スペックなモデルなども登場していますから、端末の性能だけ見れば徐々にキャリアのスマホとの差が無くなりつつあると言えるかもしれません。

 

MVNO比較サイト!スマホ料金を月1000円以下に安くして節約する方法はコレ!

関連ページ

MVNOとはいったいなんなのか?SIMや格安SIMについても分かり易く解説
「スマホ代を抑えるなら格安SIMがおすすめ!」なんて言葉を見てもピンとこない人もいると思います。今回はそのような人に「MVNO」「SIM」「格安SIM」について、分かり易く解説をしたいと思います。
SIMロックフリーの格安スマホは、海外のワーキングホリデーや留学でも必需品!
ワーキングホリデーや留学で、海外に長期滞在する場合は、SIMロックフリーの格安スマホを持っていくと便利です。
ガラケーと格安スマホの2台持ちで携帯料金を安くする方法とは?
大手キャリアのスマートフォンを利用する場合、最も障害となってくるものが月々の利用料金です。ドコモを例に挙げて説明してみると、スマートフォンをただ持っているだけでも通話基本料金2700円、SPモード使用料300円、パケット定額3500円、合計6500円の料金が発生してしまいます。
キャリアのスマホで格安のSIMフリーカードを使うには?
毎月の利用料金を抑えるために非常に効果的な格安SIMカードですが、通常格安SIMを利用する場合にはSIMフリー端末と呼ばれる端末にロックがかかっておらず、このSIMでも利用できる端末を使用する必要があります。
海外でも格安SIMカードは使えるのか?
格安SIMカードは、大手キャリアに比べて毎月の利用料金が安いのが魅力のSIMカードです。ドコモなどの通信網を借りて利用するため、国内での利用エリアは大手のエリアと全く変わらないため、格安SIMカードを利用していても特に問題はないといえます。国内での利用は問題ないのですが、では海外で格安SIMカードは利用することが出来るのでしょうか?
格安SIMカードでMNP転出を行う際の注意点
毎月の使用料金を大幅に減らすことが出来るため、近年その人気を高めている格安SIMカードですが、使ってみると自分にはどうにも合わないという場合も考えられます。そうなってくると考えなければいけないのが他の会社への乗り換えですが、格安SIMカードから他社へのMNPは可能なのでしょうか。
キャリアのSIMから格安SIMにすることでのメリットとデメリット
現在その利用者を右肩上がりで増やし続けている格安SIMですが、キャリアのSIMから格安SIMへ変えることで得られるメリットは一体何なのでしょか。
キャリアのスマホから格安スマホに乗り換えした方がいい人の特徴
現在、携帯ショップで販売されている端末は、そのほとんどがスマホに取って代わりました。通常のスマホだけでなく、年配向けの簡単スマホなども登場し、街で見かける端末もスマホばかりとなってしまいました。スマホを持つことのメリットと言えば、携帯電話と違いどこでもパソコン用のサイトを見れることや、GPSや地図を利用できること、パソコンと同期してスケジュール管理が容易にできることなど、様々な利点があります。
格安スマホを購入する際のポイント
月々の料金を安く抑えたい場合に最も有効な手段と言えば、格安スマホを利用すると言う事でしょう。格安スマホを利用すれば、キャリアのスマホを利用する時のような高い利用料金を支払う必要が無くなりますから、家計にも優しいスマホだとえます。しかし格安スマホを購入する際には注意しなければいけないポイントがあるため、それを踏まえてスマホを選ぶ必要があります。
格安のデータ通信SIMでもLINE通話は使えるのか?
現在最も人気があり利用者も多いと言われている無料通話・メールアプリのLINEですが、格安のデータ通信SIMでもLINEでの通話は使用できるのでしょうか。