キャリアのSIMから格安SIMにすることでのメリットとデメリット

キャリアのSIMから格安SIMにすることでのメリットとデメリット

現在その利用者を右肩上がりで増やし続けている格安SIMですが、キャリアのSIMから格安SIMへ変えることで得られるメリットは一体何なのでしょか。

格安SIMのメリットとは?

格安SIMという名前を見てもわかるように、キャリアのSIMよりも利用料金が大幅に安くなるということが、格安SIMを利用する最大のメリットだと言えます。通常大手キャリアの場合、音声通話できるプランの場合には月額料金が最低6000円程度必要になると言われています。

 

データプラン専用のほうが多少は安くなりますが、それでも5000円程度の出費は免れないでしょう。スマホとタブレットの二回線を持つと割引になるプランもありますが、その場合割引になるのはタブレット用のデータプランのみで、合計した場合やはり8000円程度の費用は最低でもかかる計算となります。

 

これが格安SIMの場合、データプランのみであれば630円程度という安価な料金設定をしている格安SIMもありますし、音声通話ップランでも980から利用できるMVNOも存在してますから、その価格差は非常に大きなものとなります。たまにしか通信をしない、通話はもっぱらかけてもらうため自分からはかけないという人には格安SIMのほうがメリットがあると言えます。

 

大手キャリアのような2年縛りが無いのも格安SIMの特徴でしょう。短期間でSIMの乗り換えが可能ですから、利便性の面で見ても大手キャリアのSIMよりも使い勝手が良いと言えます。プランの面で見ても、格安SIMの場合は安いプランもあればデータをたくさん使えるプランもあり、そのどれをとっても大手キャリアよりも安いため、ライトユーザーからコアユーザーまで幅広く利用できるのも魅力でしょう。

格安SIMのデメリットとは?

しかしメリットばかりではなくもちろんデメリットも存在しているため、価格だけで飛びつくのは少々危険だと言える場合もあります。例えば、料金が安かったのは良いけれど、音声通話に対応していないデータ専用のSIMしかないと言ったケースや、支払いにクレジットカードが必須の場合などが挙げられます。

 

格安SIMの場合、その料金が音声通話用なのかデータ用なのかをしっかり調べて契約しないと、契約後に音声通話が出来ないと気づく場合が多いようです。特に格安SIMを初めて利用する人にこの傾向が多いようですから、今までのSIMの代わりに使うのであれば、音声通話が可能かどうかを確認してから申し込みを行ったほうが良いでしょう。

 

支払いに関しても、キャリアのように口座からの引き落としに対応しておらず、クレジットカード決済しか対応していない格安SIMも多いので注意が必要でしょう。それと格安SIMによっては費用が安い代わりに通信速度が遅いというSIMや、通信制限が非常に厳しいSIMも多いので、その点もしっかりと下調べをしてから契約した方が良いのではないでしょうか。

 

MVNO比較サイト!スマホ料金を月1000円以下に安くして節約する方法はコレ!

お勧めのMVNO業者はココ!

関連ページ

MVNOとはいったいなんなのか?SIMや格安SIMについても分かり易く解説
「スマホ代を抑えるなら格安SIMがおすすめ!」なんて言葉を見てもピンとこない人もいると思います。今回はそのような人に「MVNO」「SIM」「格安SIM」について、分かり易く解説をしたいと思います。
SIMロックフリーの格安スマホは、海外のワーキングホリデーや留学でも必需品!
ワーキングホリデーや留学で、海外に長期滞在する場合は、SIMロックフリーの格安スマホを持っていくと便利です。
ガラケーと格安スマホの2台持ちで携帯料金を安くする方法とは?
大手キャリアのスマートフォンを利用する場合、最も障害となってくるものが月々の利用料金です。ドコモを例に挙げて説明してみると、スマートフォンをただ持っているだけでも通話基本料金2700円、SPモード使用料300円、パケット定額3500円、合計6500円の料金が発生してしまいます。
キャリアのスマホで格安のSIMフリーカードを使うには?
毎月の利用料金を抑えるために非常に効果的な格安SIMカードですが、通常格安SIMを利用する場合にはSIMフリー端末と呼ばれる端末にロックがかかっておらず、このSIMでも利用できる端末を使用する必要があります。
海外でも格安SIMカードは使えるのか?
格安SIMカードは、大手キャリアに比べて毎月の利用料金が安いのが魅力のSIMカードです。ドコモなどの通信網を借りて利用するため、国内での利用エリアは大手のエリアと全く変わらないため、格安SIMカードを利用していても特に問題はないといえます。国内での利用は問題ないのですが、では海外で格安SIMカードは利用することが出来るのでしょうか?
格安SIMカードでMNP転出を行う際の注意点
毎月の使用料金を大幅に減らすことが出来るため、近年その人気を高めている格安SIMカードですが、使ってみると自分にはどうにも合わないという場合も考えられます。そうなってくると考えなければいけないのが他の会社への乗り換えですが、格安SIMカードから他社へのMNPは可能なのでしょうか。
キャリアのスマホから格安スマホに乗り換えした方がいい人の特徴
現在、携帯ショップで販売されている端末は、そのほとんどがスマホに取って代わりました。通常のスマホだけでなく、年配向けの簡単スマホなども登場し、街で見かける端末もスマホばかりとなってしまいました。スマホを持つことのメリットと言えば、携帯電話と違いどこでもパソコン用のサイトを見れることや、GPSや地図を利用できること、パソコンと同期してスケジュール管理が容易にできることなど、様々な利点があります。
格安スマホを購入する際のポイント
月々の料金を安く抑えたい場合に最も有効な手段と言えば、格安スマホを利用すると言う事でしょう。格安スマホを利用すれば、キャリアのスマホを利用する時のような高い利用料金を支払う必要が無くなりますから、家計にも優しいスマホだとえます。しかし格安スマホを購入する際には注意しなければいけないポイントがあるため、それを踏まえてスマホを選ぶ必要があります。
格安のデータ通信SIMでもLINE通話は使えるのか?
現在最も人気があり利用者も多いと言われている無料通話・メールアプリのLINEですが、格安のデータ通信SIMでもLINEでの通話は使用できるのでしょうか。
大手キャリアのスマホと格安スマホの違い
現在大手キャリア以外でスマートフォンを購入するには、格安スマホと呼ばれるMVNOが販売を行っている端末を購入する方法があります。MVNOのスマホも様々な種類があるため、自分に合った端末を見つけることが可能になるでしょう。では大手キャリアのスマホと格安スマホの違いは一体何処にあるのでしょうか。