ガラケーと格安スマホの2台持ちで携帯料金を安くする方法とは?

ガラケーと格安スマホの2台持ちで携帯料金を安くする方法とは?

大手キャリアのスマートフォンを利用する場合、最も障害となってくるものが月々の利用料金です。ドコモを例に挙げて説明してみると、スマートフォンをただ持っているだけでも通話基本料金2700円、SPモード使用料300円、パケット定額3500円、合計6500円の料金が発生してしまいます。

 

現在ドコモでは選べるプランはカケホーダイ+パケットパックの一択しか出来なくなってしまいましたので、どれだけ安く料金を抑えようとしても最低6500円の出費は避けられない状況です。しかしこの料金を減らすことが可能な方法が存在しています。それが「格安スマホとガラケーの二台持ち」という方法です。

通話はガラケーにお任せ

二台持つとさらに料金が増えるような気がするかもしれませんが、それは大きな間違いで、ドコモのスマホ一台持ちよりも格安スマホ&ガラケー二台持ちのほうがかなり料金を減らすことが可能になります。

 

まずガラケーですが、これは契約プランをカケホーダイだけにします。カケホーダイ以前のタイプSなどのプランを契約していた場合には、プランはそのままでOKです。現在はガラケーもカケホーダイの一択しか選べませんから、今からガラケーを買う場合には通話のみのプランの契約を行います。

 

格安スマホのプランは通話無しのデータプランでの契約にしましょう。通話付のプランもありますが、通話は全てガラケーで行えば良いのですから、わざわざ料金の高くなる通話付プランを選ぶ必要がありません。ガラケーのカケホーダイプランはどのキャリアにかけても固定電話にかけても通話料金が発生しないため、通話は全てガラケーで行えば良いと言えます。

ネットはスマホで対応しよう

格安スマホはネットやメールの利用に特化した使い方をすれば良いわけですから、データプランで十分なわけです。二台持ちの場合に発生する料金は、ガラケーのカケホーダイ2200円、格安スマホのデータプランとなりますから、安いデータプランを契約すれば1000円程度での運用が可能になります。

 

合計すれば3200円程度になるため、キャリアのスマホ一台の約半分の料金で利用が可能になります。もちろんデータプランによっては通信速度が遅い、利用できるデータ上限が少ないといったことも考えられますので、自分がどれくらいデータ通信を行うかを考えてそれに合ったデータプランを契約した方が良いでしょう。

 

通信速度が速いプランやデータ使用量が多いプランは料金も高くなりますが、それでもキャリアの使用料金よりは安くなりますから、自分に合ったプランを見つけて契約を行うと良いでしょう。

 

MVNO比較サイト!スマホ料金を月1000円以下に安くして節約する方法はコレ!

関連ページ

MVNOとはいったいなんなのか?SIMや格安SIMについても分かり易く解説
「スマホ代を抑えるなら格安SIMがおすすめ!」なんて言葉を見てもピンとこない人もいると思います。今回はそのような人に「MVNO」「SIM」「格安SIM」について、分かり易く解説をしたいと思います。
SIMロックフリーの格安スマホは、海外のワーキングホリデーや留学でも必需品!
ワーキングホリデーや留学で、海外に長期滞在する場合は、SIMロックフリーの格安スマホを持っていくと便利です。
キャリアのスマホで格安のSIMフリーカードを使うには?
毎月の利用料金を抑えるために非常に効果的な格安SIMカードですが、通常格安SIMを利用する場合にはSIMフリー端末と呼ばれる端末にロックがかかっておらず、このSIMでも利用できる端末を使用する必要があります。
海外でも格安SIMカードは使えるのか?
格安SIMカードは、大手キャリアに比べて毎月の利用料金が安いのが魅力のSIMカードです。ドコモなどの通信網を借りて利用するため、国内での利用エリアは大手のエリアと全く変わらないため、格安SIMカードを利用していても特に問題はないといえます。国内での利用は問題ないのですが、では海外で格安SIMカードは利用することが出来るのでしょうか?
格安SIMカードでMNP転出を行う際の注意点
毎月の使用料金を大幅に減らすことが出来るため、近年その人気を高めている格安SIMカードですが、使ってみると自分にはどうにも合わないという場合も考えられます。そうなってくると考えなければいけないのが他の会社への乗り換えですが、格安SIMカードから他社へのMNPは可能なのでしょうか。
キャリアのSIMから格安SIMにすることでのメリットとデメリット
現在その利用者を右肩上がりで増やし続けている格安SIMですが、キャリアのSIMから格安SIMへ変えることで得られるメリットは一体何なのでしょか。
キャリアのスマホから格安スマホに乗り換えした方がいい人の特徴
現在、携帯ショップで販売されている端末は、そのほとんどがスマホに取って代わりました。通常のスマホだけでなく、年配向けの簡単スマホなども登場し、街で見かける端末もスマホばかりとなってしまいました。スマホを持つことのメリットと言えば、携帯電話と違いどこでもパソコン用のサイトを見れることや、GPSや地図を利用できること、パソコンと同期してスケジュール管理が容易にできることなど、様々な利点があります。
格安スマホを購入する際のポイント
月々の料金を安く抑えたい場合に最も有効な手段と言えば、格安スマホを利用すると言う事でしょう。格安スマホを利用すれば、キャリアのスマホを利用する時のような高い利用料金を支払う必要が無くなりますから、家計にも優しいスマホだとえます。しかし格安スマホを購入する際には注意しなければいけないポイントがあるため、それを踏まえてスマホを選ぶ必要があります。
格安のデータ通信SIMでもLINE通話は使えるのか?
現在最も人気があり利用者も多いと言われている無料通話・メールアプリのLINEですが、格安のデータ通信SIMでもLINEでの通話は使用できるのでしょうか。
大手キャリアのスマホと格安スマホの違い
現在大手キャリア以外でスマートフォンを購入するには、格安スマホと呼ばれるMVNOが販売を行っている端末を購入する方法があります。MVNOのスマホも様々な種類があるため、自分に合った端末を見つけることが可能になるでしょう。では大手キャリアのスマホと格安スマホの違いは一体何処にあるのでしょうか。