人気の「HUAWEI Ascend Mate7」をDMM mobileでゲットしてみた

人気の「HUAWEI Ascend Mate7」をDMM mobileでゲットしてみた

HUAWEI Ascend Mate7

 

DMM mobileでついにHUAWEIの「Ascend Mate7」をゲットしました。とにかく画面が大きですね。スマホでもタブレットでもなく、「ファブレット」です。よく「大きいスマホは不便」という人がいますが、私は大きい方が好きです。動画を見たりもするし、ネットサーフィンもよくするので。

 

逆に電話とかメールとかはほとんどしないので小さいスマホは画面が見づらいので嫌いです。大きければ大きいほどいいってわけではないですが、これくらいの大きさはいいですね。ただ、片手で操作するのは結構難しいです。特に女性だと両手でしか操作は難しいと思います。

 

「Ascend Mate7」を販売したHUAWEI(ファーウェイ)は実は中国企業なのですが、世界トップクラスの会社です。スマートフォンの世界でもアップル⇒サムスンに続く世界第3位のシェア数です。HUAWEI(ファーウェイ)の存在を知らなかった人も、これを機に是非とも知ってもらいたいですね。

とにかくかっこよくてで高級感がある

今まで「高級感のあるスマホ」はiPhoneだったと思います。もうiPhoneはブランド化していて「iPhoneを持ちたい!」と思う人も大勢いますね。これはどこかルイヴィトンなどのブランド物のカバンや財布を持つことに似ているような気がします。

 

ステータスと言うのかなんというか、一種の「憧れ」的な感じですね。機能面もiPhoneはたしかに優れてはいますが、それよりも「iPhoneだから欲しい」という人が多いのではないでしょうか?

 

他にも似たような現象で言うと「ディズニーランド」がそうですよね。「夢の国」だからこそ行きたくなるのです。正直乗り物の面白さだけを見ればUSJとか富士急の方がいいと思います。でも「ディズニーランドだから」行きたいのです。

 

HUAWEIが新たに発売した「Ascend Mate7」は、まさにディズニーランドとUSJを足したようなスマホです。かっこよくて高級感のある「Ascend Mate7」は、女性ではなく男性向きのスマホ(ファブレット)のような気がしますね。

 

HUAWEI Ascend Mate7

 

箱もなんかいかしますね。黒ベースで高級感が漂っています。実際に端末代は5万円近くするので高級なのは間違いないですが・・・。中を開けるとこんな感じになっています。

 

HUAWEI Ascend Mate7
HUAWEI Ascend Mate7

 

枠にしっかりとはめ込まれていてなんかいいです。大事にしたくなりますね。取りあえず箱は大事にしまっておきます。充電器も前のスマホの分があるのでそれを利用しようと思います。画面の方はこんな感じです。

 

HUAWEI Ascend Mate7

 

すでにアプリは色々入れちゃってますがこんな感じです。「HUAWEI Ascend Mate7」にはテーマというのがあって、テーマを変えるとデフォルトであるボタンの色が変わります。なんだかおしゃれですね。

 

HUAWEI Ascend Mate7

 

HUAWEI Ascend Mate7

 

そんなに頻繁に変えることはないと思いますが、気分転換にはなりそうですね。ちなみに「HUAWEI Ascend Mate7」のスクリーンショットの仕方は、「電源ボタンと音量マイナスボタンの同時押し」です。他のアンドロイドスマホと同じですね。

スペックは上でもiPhone6よりも全然安い

HUAWEIのAscend Mate7がどれだけおしゃれで高級感があって機能やスペックが優れていたとしても、やっぱり気になるのは値段ですよね。あまりに高すぎると手が出ません。そんな気になる「HUAWEI Ascend Mate7」の値段は、たったの「49,800円」です!

 

高いですよね。アマゾンとかだと5万円越えで販売されています。でもiPhone6はもっと高いです。定価75,800円です。iPhone6 Plusだと87,800円もします。それに比べたら安いですよね?

 

DMM mobileだと分割決済にも対応していて、24ヶ月払いで月々2,241円で購入することができます。管理人は3GBの通話対応SIMプランで契約したので、月々4,221円で済んでいます。

 

たったこれだけの費用でHUAWEIのAscend Mate7が手に入るなんて本当に素晴らしいですね。人によってはデータSIMプランの1GBでも足りると思います。そうなってくるとデータ通信料が月々630円になるので、月々合計2,901円の支払いで済むことになります。

 

  • 高スペックのスマホを持ちたい
  • HUAWEIの商品が好き
  • iPhoneは高いから嫌い
  • 格安スマホでスマホ代を安く抑えたい

上記の項目にどれか一つでも当てはまるのがあれば、DMM mobileで「Ascend Mate7」を申し込むといいと思います。Ascend Mate7の他にも人気の高い「ASUS Zenfone5」なども置いてありますよ。

 

MVNO比較サイト!スマホ料金を月1000円以下に安くして節約する方法はコレ!

お勧めのMVNO業者はココ!

関連ページ

MVNO事業者「DMM mobile」で販売されている「HUAWEI Ascend Mate7」の魅力
DMM mobileが販売している「HUAWEI Ascend Mate7」という端末をご存知でしょうか?HUAWEIと聞いてもほとんどの人がピンと来ないかもしれませんが、ドコモでスマートフォンを販売していたのでドコモユーザーであれば多少は聞いたことがあるメーカーかもしれません。