DMM mobileのレビューと評判!口コミ評価も掲載!

DMM mobileのレビューと評判!口コミ評価も掲載!

DMMmobile

 

DMM mobileで実際に格安SIMとスマホを契約した本音(ガチ)レビューです。DMM mobileにあまり興味のない人が読んでもメリットとなるようなことは書いておりません。

 

スマホ代を節約したい人に絶大な人気を誇っている格安スマホですが、誰でも格安スマホにすればいいということではありません。

 

公式サイトや他の紹介サイトでも、スマホ代を節約するなら「DMM mobileがお勧め」というようなことを書いていますが、その詳細な理由などはあまり書いていないというのが管理人の正直な印象です。

 

ですので、当サイトでは実際に契約して使ってみて良かったところ、あまり良くなかったところ、その両方を惜しみなく公開したいと思います

 

DMM mobileはこんな人にオススメ

とにかくスマホ代を節約したい人におすすめ。データ通信料も余った分は翌月に繰り越すことができるので、無駄なくデータ通信料を使うことができます。

 

豊富なデータ通信プランで自分の生活スタイルに合わせて申し込みができるのも魅力の一つです。SIMフリー端末(スマホやタブレット)も、他のMVNO事業者に比べると種類がたくさんあるので、お気に入りのスマートフォンやタブレットで申し込みができます。

 

人気の高い「ASUS Zenfone5」や、最新の「HUAWEI Ascend Mate7」なども取り扱っているため、ASUS Zenfone5やHUAWEI Ascend Mate7の端末が欲しい人もDMM mobileで契約するといいですね。

 

契約前に知っておいた方がいいダメなところ
クレジットカードがないと契約できない

まず、クレジットカードがないと契約できない点。昨今、ほとんどの人がクレジットカードを持っているとは思いますが、中にはクレジットカードを作れない人もいると思いますし、クレジットカードを作りたくない人もいると思います。

 

例えば学生の人ですね。働いていなかったり18歳未満だとカードの発行ができないかもしれません。そういった人たちは契約ができないのでちょっと難点ですね。

 

なんらかの事情でブラックリストに載ってクレジットカードを作れない人もDMM mobileで申し込みができないので諦めるしかありません。

 

なるべく電話はかけない方がいい

仕事などで良く電話をする人にはお勧めできません。どうしても毎月一定量の電話を使う人は、キャリアの定額サービスに入ったほうがお得です。DMM mobileの格安SIMが安いのは、「データ通信量」です。通話は高いので気を付けてください。

 

ただし、通話は基本的にプライベートでしか使わず、しかもラインやスカイプなどの無料通話で補うことができる人であれば、DMM mobileの格安SIMでも問題ありません

 

Eメールが使えない!

Eメールはキャリアが提供しているサービスなので、DMM mobileなどの格安SIMだとEメールが使えません。この場合、Googleが提供している無料のGメールや、Yahooが提供しているヤフーメールを使うことになります

 

「アドレスが変更になるだけ!」と思うかもしれませんが、まだ、世の中のサービスにはEメールがないと利用できないものも少なからずあります。そういったサービスが使えなくなるということを覚えておいてください。

 

あとは、メールを受信したときにメールアドレスで表示されます。アドレスを携帯に登録してあったとしても、名前では表示されません。もしかすると表示させる方法があるのかもしれませんが、管理人にはできませんでした。

 

管理人の場合は、Gメールは仕事でしか使わないし、知人などとはLINEでのやりとりがほとんどですので、Eメールは無くても良かったです。Eメールがないと利用できないサービスもほとんど無くなっていますし、電話番号やフェイスブックのアカウントがあればだいたいのサービスは利用できるので問題ありません

 

今のところEメールが無くても特に不便があったということはありません。

 

格安SIM解約時に返却しないといけない

これはキャリアで今まで携帯を契約していた人にはビックリするかもしれませんが、DMM mobileでは格安SIMを解約する際、SIMカードを返却しないといけません。

 

実際に問い合わせた回答がこちらの画像です。

 

DMM mobile返却

 

送料負担で返却する必要があるみたいですね。契約する際には解約の時のことも考えた方が良さそうですね。

 

実際に契約して良かったところ
実際に料金が半額以下になった

管理人はキャリアで契約しているとき、一ヶ月の料金が1万円近くかかっていました。妻のスマホ代も同じくらいだったので、二人で約2万円です。

 

それがDMM mobileの格安スマホにしたことで、月々約2,300円で抑えることができるようになりました。妻の方はもっと安くて約1,600円です。二人で一ヶ月約4,000円で済むようになったので家計的にはだいぶ楽になりました。

 

DMM mobile 料金

 

余ったデータ通信量を持ち越せる

管理人は一ヶ月3GBプランで契約をしているのですが、DMM mobileは余った通信量を翌月に持ち越すことができます。データ通信を多く使う月、あまり使わない月などがある時に活躍しそうですね。

 

DMM mobile データ通信量

 

縛り期間が短い

au、ドコモ、ソフトバンクなどのキャリアでスマホ契約すると、2年間は契約しないといけません。途中で解約をすると解約手数料をとられますよね。DMM mobileの場合、データ通信プランだと1ヶ月、通話対応プランだと1年間の縛り期間で契約ができます。

 

縛り期間を気にしない人もいると思いますが、縛り期間はできるだけ短い方がいいと思います。

 

WiMAX2+との相性が良い

管理人は、家のネット回線をWiMAX2+にしているのですが、WiMAX2+と格安スマホの相性が抜群です。WiMAX2+は家でも外出先でもネット回線を使うことができるので、格安スマホも常にWiMAX2+に接続することができます。

 

一応格安スマホの通信料を一ヶ月3GBにしているのですが、ほとんどWiMAX2+での通信を行っているため、格安スマホの通信量は正直1GBも使っていません。ですので、近々通信量の容量を減らそうと思っています。

 

使わなくなったキャリアのスマホがあればLINEアカウントを2つ所持できる

LINEアカウントは1つで十分だとは思いますが、管理人のように2つ利用したいと考えている人もいるかもしれません。そのような人たちには便利だと思います。

 

まず、格安スマホで従来通りに電話番号を使ってラインアカウントを作ります。以前使っていたアカウントの引き継ぎでも構いません。その後、以前使用していたキャリアのスマホでもLINEアカウントを作ります。

 

LINEは電話番号がないとアカウントが作れないのですが、実はフェイスブックのアカウントがあれば電話番号なしでも作れるのです。つまり、電話番号とフェイスブックの両方でアカウントを作れば2つアカウントを所持できるということです。

 

使わなくなったキャリアのスマホは、「Wi-Fi」もしくは「WiMAX2+」を使うことでネットに接続することができます。解約時にSIMカードをキャリアに返却していたら使えませんが、返却しなくても解約はできるので返却しないで残しておきましょう。

 

毎月DMMポイントが貯まるので漫画がタダで買える

これ、個人的に一番ラッキーだなと思うのですが、毎月250ポイントくらい貯まるので、二ヶ月〜三ヶ月に1回ペースで漫画がタダで購入できるんですよね。

 

DMMポイント

 

端末代とかある人はもっと貯まるペースが速いので、一ヶ月〜二ヶ月に一回ペースで購入できると思います。別に購入するのは漫画じゃなくても構わないのですが、僕は漫画が好きなので漫画を購入するようにしています。

 

漫画

 

DMM mobileのプラン一覧

データSIMプラン 通話SIMプラン
ライトプラン※1 440円 1,140円
1GB 480円 1,260円
2GB 770円 1,380円
3GB 850円 1,500円
5GB 1,210円 1,910円
7GB 1,860円 2,560円
8GB 1,980円 2,680円〜
10GB 2,190円 2,890円〜
15GB 3,600円 4,300円〜
20GB 4,980円 5,980円〜
SMS機能 +150円 あり
最低利用期間 1ヶ月 1年
解約金 なし 9,000円

※1 ライトプランは通信速度が200Kbpsで容量無制限です。ただし、3日間の通信量が合計366MBを超えると通信速度が制限される場合があります。

DMM mobileの口コミ評判

キャリアから乗り換え【20代男性】

今まではキャリアと契約してスマホを使っていましたが、料金が高かったのでsimフリーに乗り換えました。通話もできるプランのsimで契約したのですが、月々3000円以内に収まっています。

 

キャリアで使っているときは月7000円を超えていたので半額以下になりました。最初にsimフリーに対応した端末を買わなきゃいけないのが、マイナス点ですが端末さえ持ってしまえば月々の料金がこんなに安く済みます。月々の差額で端末の代金分はすぐにもとが取れると思います。

DMM mobile 格安SIMカード【30代女性】

節約のためにDMM mobileの格安SIMカードを使っています。外出先では動画などを見ることがないので一番安いプランにしました。今までスマートフォンにかかっていた料金は1か月約6000円でしたが今では1000円以内に収まっています。

 

データ量が足りなくなってしまったら追加することができます。通話機能も付けられます。今までスマートフォンを使うために数千円使っていたのがもったいなかったなあと思っています。DMM mobileの格安SIMカードに変更してよかったです。

通話なしならオススメです。【30代男性】

データ容量のプランが多いのは良いと思いました。5Gで通話なし、スマホ本体なしでインターネット電話を利用なら月々2千円かからないので、サブのスマホに利用して重宝しています。

 

電波の状況はとくに問題ないです。新宿や池袋辺りの早朝の出勤時間はちょっと繋がり難いかなって思うことはありますが、それ以外では通常使用に問題を感じた事はありません。だけど、メインのスマホにはオススメできないかも。月に数回長電話するような場合は、かけ放題プランのある会社の方が良いです。

繋がりやすさは良いと思います。【30代女性】

通話をあまりしないという人はかなりお得だと思います。2台目のスマホなんかに使うならお勧めです。ですが、通話を頻繁に使う場合は、ドコモやソフトバンク、auなどのかけ放題プランの方が圧倒的にお得です。通信状態は良いほうだと思います。

 

メインで使っているソフトバンクだと繋がらないような場所でも、問題なく繋がる事が多かったです。音質も良いと思いましたが、これはスマホの機種による所が多いかも。私の活動圏内(東京都心)では通話中に切れるという事もありませんでした。

1GB630円はお手頃な価格【40代男性】

主にLTE回線は、自宅以外やポケットwifiの電波が入らないところ、例えば地下鉄での通勤などでしか利用しないので、1GBで十分です。630円と安く、かつ1GBに満たなかった分は、次月に持ち越しが可能です。

 

多めに持ち越せた月は、贅沢に使ったり出来るので嬉しいサービスです。通信速度に関しては、メッセージの送受信やサイトの閲覧、ソーシャルゲームのプレイには問題ないので、満足しています。専用サイトから、現在の利用状況がわかるのも便利です。

DMMmobile

DMM mobileの評価

DMM mobileは新しくサービスを始めたMVNO事業者です。2014年12月17日からサービスをスタートしましたが、業界最安値水準プランを打ち出すなどネットユーザーの評判かなりいいです。

 

DMMはMVNOのモバイル通信サービス(Dモバ)だけではなく、DVDのレンタルや動画配信なども行っています。テレビのCMではモデルのローラと芸人の石橋貴明がやっているFXが有名ですね。証券系はFXだけではなく外国為替などの事業も行っています。

 

他にはファッション・旅行用品・生活家電などのレンタル業や、オンラインゲームや英会話などのレッスンも行っています。どんどん急成長しているので安心できる会社ですね。

 

ネットを使った事業に関しては文句の付けどころがないくらい素晴らしいサービスを提供しているので、DMM mobileも評判がよく、管理人も実際にDMM mobileで格安SIMを契約しています。「格安SIMと言えばDMM mobile!」というくらいに評価できます。

 

まだDMM mobileのサイトをご覧になっていない場合は、一度覗いてみてください。

 

DMM mobileのレビューと評判!口コミ評価も掲載!記事一覧

DMM mobileでついにHUAWEIの「Ascend Mate7」をゲットしました。とにかく画面が大きですね。スマホでもタブレットでもなく、「ファブレット」です。よく「大きいスマホは不便」という人がいますが、私は大きい方が好きです。動画を見たりもするし、ネットサーフィンもよくするので。逆に電話とかメールとかはほとんどしないので小さいスマホは画面が見づらいので嫌いです。大きければ大きいほどいいっ...

DMM mobileが販売している「HUAWEI Ascend Mate7」という端末をご存知でしょうか?HUAWEIと聞いてもほとんどの人がピンと来ないかもしれませんが、ドコモでスマートフォンを販売していたのでドコモユーザーであれば多少は聞いたことがあるメーカーかもしれません。HUAWEIは中国のメーカーで、ここ数年世界中で一気に知名度をアップさせてきた企業の一つだと言えます。中国は現在世界のス...