格安SIMのデメリットはほぼ解消されてきました【30代男性】

格安SIMのデメリットはほぼ解消されてきました【30代男性】

私が格安SIMを利用してみようと思ったのは、余っているガラケーがあったことと、料金が安いと聞いたことです。スマホの回線をガラケーに移し、2台持ちをすることにしたことで、長年使っていた電話番号と携帯メールアドレスをそのまま使えたのは良かったです。

 

料金ですが、以前はパケホーダイなどで月6500円ほどの料金を払っていました。現在はスマホ分(IIJmio)で1000円、ガラケー分で1000円の月2000円ほどの料金になっています。大幅な節約になったため、料金的には大変満足しています。

 

格安SIMに変えたことで良かったのは、この料金面と、格安SIMにしても大手キャリア(docomo)の修理を受けることができたことです。格安SIMにした後、スマホのバッテリーが異常発熱するという不具合が発生したのですが、スマホの購入後1年内ということでドコモショップで無料修理してもらうことが出来ました。

 

また、現在docomo回線を使われている方は、契約をガラケーに移しプレミアクラブに継続して入会しておくことで、より広い保証を受けることが出来るそうです。この点も2台持ちのメリットだと思います。

 

格安SIM、というより2台持ちのデメリットは、単純に荷物が増えることと、電源管理も2倍になることです。最初のころは普段持ちなれていないガラケーを持ち忘れたり、充電を忘れていたりということもありました。通信データ量は、自宅にwi-fi環境があればさほど大きなデメリットではないと思います。

 

格安SIM会社間の競争で、通信可能なデータ量は多くなってきました。私が使っているIIJmioの場合、契約当時は月500MBまででしたが、現在は月2GBまで利用できるようになっています。
利用者側もある程度気を付ける必要はありますが、スマホとして必要十分な通信量になっていると思います。

 

格安SIMを検討している方、特に現在docomo回線を使われている方は、今まで述べてきたように2台持ちも検討されてみてはどうかと思います。電話番号やメールアドレスをそのまま使え、プレミアクラブのおかげで安心してスマホを使うことが出来るためです。また、現在は大手キャリアの場合にも言えますが、通信量を押さえるため自宅にwi-fi環境があった方が良いと思います。

 

MVNO比較サイト!スマホ料金を月1000円以下に安くして節約する方法はコレ!

お勧めのMVNO業者はココ!

関連ページ

始めて格安SIMカードを使ってみて【30代女性】
私が格安SIMカードを使おうと思ったきっかけは、主人が携帯料金を節約しようと言い出した事がきっかけでした。主人の部下が格安SIMカードを使ったところ、月々の携帯料金が各段に安くなったと話していた事が決め手となったそうです。
家計を助けてくれる格安SIMカード【40代女性】
格安SIMカードの存在を知ったのは、毎月の家計を見直していた時のことでした。我が家の収入に対して携帯電話料金が高すぎることに気がついたのです。基本料金、通話料金、定額制パケットの料金。なんだかんだで毎月6千円はかかっていました。
格安スマホに代えた方が断然お得だと思います【30代男性】
最近はどこもかしこも格安SIMに参入していますが、そんな私もプライベート用のスマホを格安SIMに変えてみました。プライベート用のスマホですので最低限暇な時にいじるだけ。そんなにスピードは必要ありませんし、私は動画鑑賞もスマホではしませんので、格安SIMで十分なのです。
キャリアスマホよりも便利な格安SIM【20代男性】
自分はできるだけ値段を抑えつつ、今の世の中で便利だと使われているスマホを使ってみたいと思い、simフリーのスマホを購入しました。キャリアだと、色々と値段が張る場合が多かったので、できるだけ安くするには、やはりsimフリーのスマホと、格安sim。いわゆるMVNOがよいと思ったのです。